日の出を見に行こう!と山へと出かけたが道路が凍結していて崖から落ちる寸前にパジェロが・・・

携帯が普及し始める直前の頃
免許を取って半年
日の出を見に行こう!と山へと出かけた
日本の屋根と呼ばれる険しい所だ

地元は寒くないし天気も良いので気楽に出かけたのだ
だが山は違った
山は想像以上に寒くて、道路がガンガンに凍っている

スポンサーリンク

かなり危ない状況になって初めてヤバイと気付いた
そのときは既に手遅れで、スリップして坂を上れない
それどころか車が滑って「ずずず」と落ちていく
道路の回りにガードレールなしで、
なにもしないと確実に崖から落ちて●ぬ
急いで車から降りて、
友人たちと一緒に車を必死で押さえた

靴が氷で滑って、本当に死を覚悟した
回りに人家などなし 携帯なし 助けを呼べない
朝4時で、通行する車まったくなし
(そもそも行き止まりの山道)

スポンサーリンク

車を押さえ続けていると、どんどん腕が疲れてくる
辺りが少し明るくなった
もう車を捨てるか・・・・となったとき奇跡は起きた

道路の斜面が緩い場所があって、そこで車が止まった
車を押さえる力はかなり減った
そして2時間ほど頑張っていた

突然、一筋の光が!パジェロが通りかかった
(実際にはパジェロじゃないが便宜上パジェロと書く)

うぉおおお助かったぁぁぁぁぁぁ
と思ったのもつかの間で、
パジェロは私達の車のそばでスピードを落としたが
そのまま通り過ぎていった

パジェロの運転手は、
俺達を上から下までちらっと見てフンという感じだった
オウム事件の後で不審者に見えたのかも知れないな

私達の希望が絶望に変わった
でもきっと助けを呼んでくれたに違いない、
と期待して待ち続けた

それから5時間 助けは来なかった
太陽が昇り、氷が溶けたので自力で帰宅できた

この時に得た教訓は山をなめるな

スポンサーリンク