喪服を取りに家に帰ったら同棲中の彼と見知らぬ女がいたのでご飯食べた

16歳の頃に付き合ってた4才上の彼と
私が18歳になったときに同棲をスタートしました

傍から見るとオママゴトのようだったかもしれませんが
お互い楽しく生活していました。
一緒に住み始めてから約1年になろうかという時に
私の祖母が亡くなったと仕事中に家から電話がありました
病院に向かってる途中に彼に電話を入れて
「おばあちゃんが亡くなった、
通夜とかもあるし今日は帰れないと思う」と伝えました

スポンサーリンク

彼は「分かった、明日葬式には行くから」と
おばあちゃんっ子だった私はその電話に慌てて
服装が職場の制服だったことも忘れてて
夜になってから一旦喪服を取りに家に戻りました

家に帰ってから鍵を開けるとチェーンまで閉められていました
あれ?と思って隙間から覗くと
私のものではない女物の靴がありました
ドアを叩いても出てこないので、声を掛けると出てきました
そして「どうしたの?」とそのままで聞くので
「服を変えなきゃいけないから取りあえず開けて」と言うと
「いや、俺が取ってくるから」と開けてくれません

その後はしばらく押し問答だったのですが、
結局開けてくれました
それと同時に寝室に行くとベットに座ったままの
女の人が何事?と言った顔でこっちをみていました
彼も呼び座らせてからどういうことかを聞くことに

冷静に、状況を聞いていつから付き合ってたのか、
私の存在を知ってたのか等を聞いて後に
ふとお腹が空いてることを思い出してしまって
頭がゴハンだらけになってしまった
1人分だけ作って食べるのもなんだかなって思って
女にゴハン食べる?と聞くと「うん」との答えw

スポンサーリンク

まぁなんだ、3人でゴハンを食べたわけだ。
そして、その後再開
「んで?アンタはどうするの?」と彼に聞くと
「お前とは別れたくない」との答えそして
「じゃぁそういうことだから」と女に言うと女は発狂状態
キーキーわめき始めた。
しかも私に年齢を聞いてきて18歳だよと答えると

「若いうちから同棲とかしてバカじゃないの?
挙句に浮気なんかされてさ」
「若いからってだけで彼を引きつけてる」
「普通こんなに冷静に話せる訳がない、彼のこと好きじゃないはず」
だの文句を言ってきた。

マトモに相手するのも面倒だしと思って
「彼の答えは聞いたでしょ?
これ以上話すことないし出て行ってもらえないかな?」

って言ったら彼が送ってくるとか言い出したので
「歩いてでもなんでも帰れるでしょう?子供じゃないんだから」
と言うとシュンってなってた
最後はドアをバンッって思いっきり閉めて出て行った

その後彼が謝ってきたんだけれども
買い物行って来るからと家を出て
店からダンボールを貰って帰ってきて荷物を詰めていた

出て行くのか?出て行くなとかって言ってきた
私の荷物を詰めてたとでも思ったみたい
実際は彼の荷物を詰めてたんだけれども、詰め終わってから

「持って行って、そして2度と顔出さないで」

って言ったら必死で謝ってきた
ウザかったし、ダンボールを玄関から外に放り出して
彼が戻そうと外に出たとたんに
ドアを閉めて鍵を掛けた。
そして、私は着替えて裏口から出て通夜に戻りましたとさ。

そして、今日偶然会った彼は
その女と結婚してましたとさw
それでこの話思い出したんだけれど。
社内恋愛がバレて彼は島流し、そしたら
その女が押しかけてきたということらしいんだけどね。

スポンサーリンク