嫁と娘が寝ていて、忍び足で台所に向かったら、 テーブルの上にいびつなハート形の折り紙が置かれていた

昔のことなんだけど当時仕事が信じられないほど忙しくて、
その日も日付が変わってから家に帰った。
家に入ったら案の定嫁と娘が寝ていて、
忍び足で台所に向かったら、
テーブルの上に千代紙で作られた
いびつなハート形の折り紙が置かれていたのを見つけた。

スポンサーリンク

娘が折ったんだろうと和んでいたら、
折り紙をよく見てみると

「ひらいてみてね」

と書いてあった。
中を開いてみると千代紙の裏側に

「おしごとがんばったね おかえりなさい」

と書かれていて、俺の名前がシールで貼ってあった。
身体だけじゃなくて精神的にも追い詰められていたから、
何気ない娘の言葉が沁みて喉の奥がキュッとなった。

スポンサーリンク

一人で飯を食べていたら嫁が起きてきて、
相談や愚痴に付き合ってくれた。
俺が飯を食べ終わったら、

「自分の身体をあんまりいじめないで、給料が下がっても私がなんとかするから、
無理しないで転職してもいいんだよ」

と言ってくれて、ぼろぼろ泣いてしまった。

結局そのまま働き続けたけど、
しばらくすると忙しさの波が引いて穏やかな環境になり、
帰宅時間も早くなって三人で夕飯を食べられるようになった。
あのときの嫁と子どもの言葉は一生忘れられないし、
なんというか本当に結婚して良かったなと思った。
明日が結婚記念日だから記念に書き込んでみました、

スポンサーリンク