今33歳なんだけど私の中の時間が27歳の新婚時代で止まってる

頭おかしいと言われるの承知で書く。

私は今33歳なんだけど、
私の中の時間が27歳の新婚時代で止まってる。
ていうか、27歳から現在までの記憶が殆ど抜け落ちててない。
ビックリするくらい何もない。

例えばこの前職場で同僚が結婚してすっごい祝われて
新婚旅行のために2週間休みを取ったんだけど、
「私も新婚だから新婚旅行とか考えなきゃ、どこいこう」とかナチュラルに考えてて、
「いやいや、私新婚じゃないし、もう結婚して6年目じゃん」
と冷静になって理解する。
原因として思い当たるのは、

1、入籍して3ヶ月で実父が時速100キロ超の大型バイクに轢かれて瀕死
2、父、一命をとりとめたせいで介護必須に
3、加害者の男性は瞬きしかできない重度障害者になり、
幼い息子と生まれたばかりの娘がいたため、奥さんが「幼い子から父親を奪いやがって」と逆恨み凸
4、息子の変わり果てた姿を見て祖父がショックでボケて二重介護に
5、母が介護に疲れて倒れる
6、全部私にのしかかる&父の件で裁判も始まる
7、コロナで職場が潰れる
8、祖父を施設にぶち込み体調崩した父と母が入院してる間になんとか転職して現在に至る

スポンサーリンク

このままじゃ私が死ぬと思って全員が施設や病院いる合間に県外に逃げた。夜逃げ状態。
夫は私の生活費だけは出してくれたけど、当然だがもう私に見向きもしない。

私の中で1から8が全部ごちゃまぜに圧縮されて、時間の感覚がまるで無い。
多分多くの人には私の感覚なんて理解できないんだろうけど、
私の中で結婚から3ヶ月目以降が人生の中から存在を消されてる。

全部捨ててから県外に逃げて半年たつんだけど、
もう何年も前から今の家に住んでる感覚だし、
実家で介護生活してたときにどんな生活してたかさえ思い出せない。

今日夢の中で介護生活のころに戻ってたんだけど、
自分の部屋で朝を迎えるところから始まってさ、
一日やることを考えたとき、何をしなきゃならないのか全くわからなくて
驚いたんだよ。

とりあえず部屋を出なきゃと思って扉をあけたら、
その先が真っ暗な闇しか無くて、そこで目が覚めた。
最初自分がどこにいるのか思い出せなくて、とにかく介護しなきゃ、
なにするんだっけと必死に頭働かせてさ、
それでも思い出せなくて、だんだん冷静になって全部捨てて逃げたことを
思い出したよ。

未だに前の私がどんな一日を送ってたのか、
6年間何をして過ごしてたのか思い出せない。
介護もストレスも怖いね。

今の生活はすごく楽だし仕事も楽しいのに、
休日になるとふと消えた6年間と一緒に私の存在も消えてしまえばいいのにと思う。
よく死んで自分の存在が消えるのが怖いって人がいるけど、
私は逆だよ。消えて全部私の存在が消えてほしいよ。
死体さえ残ってほしくない。
疲れてるのかな。

最近よく年齢書くときでも間違えて28ってよく書き間違えるのよ。
多分、祖父と父の件で大量の書類に28って書いた影響もあると思うんだけど、
会社の書類とかでも何も考えずに28って書いちゃって、
いや違うと気づいたとき、じゃあ自分は何歳なんだ?
とわからなくなってしまう。

私の過去を知ってる同じチームの人たちと部長からは
「そんな壮絶な経験したのなら仕方ない」と言ってもらえるんだけど、
何も知らない人たちから「いつまで20代でいるつもりなの?」
とすごく冷たい目で見られるのよ。

サバ読んでも生年月日は正しく書いてるから即座にバレるわけだけど、
2と書いて慌てて3に書き直すのとても恥ずかしい。
それに記憶がキレイサッパリ消えてるわけじゃなくて、
死ぬほど書類書いたとか、
父が事故った場所が新幹線の距離、
しかも深夜に電話がかかってきたから、車で6時間走って慌てて病院向かったとか、
そういう部分部分の記憶はハッキリと残ってるのよ。
だから余計に、記憶が全部無いわけじゃないのに、
なんで6年間時間が止まったままなわけ?ってのが周りに理解されなくて。
私自身、朧気な記憶があるのに時間が進んでないことの説明ができないし、
違和感がないわけじゃないから、余計しんどい。
むしろ心の底から「私は今27(半年経って現在28)なの!」
と思えてたらどれほど楽なのかと思う。

介護地獄のときに専門家には散々頼ったよ。
しかもきちんと医師免許持った人が対応してくれるところ。
だけど皆して「休みなさい」としか言わないのよ。

介護休みたくても休めない眠れないから辛いんだって話てるのに、
そしたら「お仕事やすんだらいい」だって。
ちなみに診断とかはつかなかった。単に疲れてるだけだって。
仕事休んだら誰が稼ぐっていうのか。
きちんと私のしんどさを理解してくれて薬まで出してくれたのは、
長年お世話になってるバセドウの治療でお世話になってる内分泌科の先生だけ。
血液検査してみてくれたのも内分泌科の先生だけ。
心療内科とかメンタルクリニックと看板掲げてるところはもうこりごり。

スポンサーリンク

眠れないし食べられない、胃が痛くて吐くと伝えても仕事休めばっかりだった。
「原因がなくならない限り良くならないんですよ」って呆れたように言われたけど、
無くしたくても無くせないからこうなったんだろうがとキレそうだった。
内分泌科で処方されたパリエットとマーズレンには随分助けられたよ。
それまでは胃酸過多で頻繁に吐いてて喉も口の中も焼けてボロボロだったから。

夫婦は無条件に助け合うものだと思ってるだろうか。
そういえばどの病院でも過去に性的被害にあったか聞かれて、
正直にあると答えるとそこを根掘り葉掘り聞かれたのは嫌だったな。
なんでそんなに過去の被害を知りたいんだか。
それもあってもう病院行きたくないのもあるし。

夫には悪いことしたと思ってる。
新婚3ヶ月で妻の家族が全員妻にのしかかってくるなんて思わないだろうし、
結婚式のあとに入籍したうえ、親族や会社の上司に対する私の受けが良かったから、
まさか妻の窮地に見捨てて離婚したなんて外聞が悪いこともできなかっただろうし、
人生めちゃくちゃにして申し訳なく思うよ。

虐待やイジメを受けた方と比較すると6年間で簡単に逃げ出した私なんてまだまだ甘っちょろいですね。
他の方も私と同じように、ナチュラルに時間が止まったまま思考してしまうのか、実年齢はちゃんと把握できているのか気になります。
実はつい先日もとある書類が不備でかえってきたのですが、先月の32歳の頃に書いたときの年齢が22歳になってました。
どうしても自分が30代になったことが認識できません。若さに執着し過ぎだと言われるんですが、ほんと醜いオバサンですよね。
でもどれだけ意識しても30になったと認識できない。健康番組を見ていてもCMを見ていても30代の人向けの話を見て「私はまだ数年先だな」と思ってしまう。
27歳の同僚と話していても、つい同年代として話してしまう。私のほうが先輩だし6歳も年上なのに・・・。

夫とは数カ月で別居してます。

父が事故にあう。
私が父の事故の会った現場に向かい、
病院に泊まったりしながら一週間以上滞在する。
一週間以上たって漸く山は超えたものの、
状態が悪すぎて転院に耐えられないからと入院続行。
私は父の出張先を片付けるためにさらにとどまる。

家を片付けて引き払ったあとは実家に戻り、
弁護士を探し保険会社とやり取りしていた母と合流。
その後入院に必要なものを揃えて再度父の入院先へ行き、
警察と話をしたり大家と話したりと一週間ほどとどまる。
実家に戻ったけど今度は父の会社からの呼び出しで話し合いをする。
そうこうしてたら父の転院でまた飛ぶ。

転院後祖父が父に会い狂い出す。
転院先で先生と話をしたり、また警察に呼ばれて飛んだりしてるうち、
祖父がどんどんおかしくなりその後は介護生活突入。
母はストレスからか更年期障害が悪化して寝込むことも増え、
最終的には入退院繰り返すまで弱る。
記憶が朧気ですが、こんな感じで別居になりました。

最初は合間ちょくちょく夫のいる家には帰っていましたが、
一ヶ月に1回か2回ほどで、それも日中だったから夫とはすれ違い。
気づいたら別居のまま1年、2年・・・6年と経っていました。
何度も言いますが私の中でこの6年間は無かったも同然なんです。

今でも新婚だと思ってますし、
家を出てからせいぜい一ヶ月程度の認識だったんです。
それが浦島太郎のように気づけば時間が6年もたっていました。
本当に浦島太郎の気分です。
元いた家に帰っても家の中が様変わりして私の私物も居場所もないし、
夫は痩せてガリガリになった私のことも最初誰か気づきませんでした。

夫の両親も私を他人のように扱ってギスギスしています。
私も私で、6年前より体重が20キロ増えた夫に戸惑いを隠せません。
「たった一ヶ月で何があったの!?」そんな気分です。お互い様でしょうが・・・。
離婚を切り出されず、毎月生活費を送ってくれていたのが奇跡です。

逃げた今は完全に別居しています。
仕送りも止めてもらって、私は自分の稼ぎだけで生活しています。
母や父のことが心配ですが、多分裁判ももうすぐ終わって
相手の保険会社からかなり多額の慰謝料が振り込まれるはず。
弁護士が言うには最低でも8桁円にはなるそうです。
そうなれば私がいなくてもお金で解決できると思います。
それだけが唯一心の支えです。

んだか気が重くなるからどうでもいい話を書こう。

今住んでるところの斜め向かいの家が庭に溜池を作ってて、
そこに大量のボウフラが湧いてるらしい。
ご近所の人が蚊が出て本当に迷惑と言ってた。

ネットで12時間もつジャンボサイズの蚊取り線香を買って
毎朝と夜ベランダに蚊取り線香置いて仕事に行ってたんだけど、
今日朝から晴れたし掃除しようとベランダに出たら、
床に大量の蚊の死骸が落ちてた。
びっくりするくらいキレイな蚊の死骸。

風の強いベランダなんか効果薄いだろうと思ったけど舐めてたよ。
凄いよアース渦巻香。
こんなに効果があったなんて。

前まで布団干すために5分出るだけで3箇所は刺されたのに、
今日は掃除のために一時間は外にいたのに蚊取り線香携えてたら
一箇所も刺されなかった。
でもベランダ開けるとおばあちゃんちの香りがするよ。

スポンサーリンク