母はものすごく男性にモテてた。いわゆるフェロモン的な何かだと思う。

前提がかなり特殊で長文ごめん。
嫌いな人は飛ばして。

うちの母はものすごく男性にモテてた
父健在の今でもモテてるが、
子供を産む前は今の比じゃなかったらしい。
容姿はひいき目に見て中の上、
お世辞でお若く見えますねーって言われるレベルだけど、
いわゆるフェロモン的な何かだと思う。
具体例としては、中学高校は通学路で勝手に一目惚れされて
家まで尾行されたり、ひどい奴は痴漢を働こうとするので
学校に許可を取り自家用車で送り迎えしてた。
女子校を選んだにも関わらず先生が禁断の恋wに燃え上がり、
母が在学時はもともと少なかった男性教師がゼロになる。

スポンサーリンク

経験を踏まえてタレント講師のような
若い男性が皆無な名門女子大に入学するも、
勤続ウン十年のお爺ちゃん教授がとち狂い、
家に遺言状と婚姻届を持って来て

「わしの最後の恋じゃ~!妻とは離婚した!
財産全てやるから結婚してくれ!」

祖父母(母の父母)はこれはまずい、
勤めに出したら何が起こるかわからないと見合いをして、
幸い母が好きな人(父ね)を見つける事ができたので、
当時は珍しくない大学卒業→即結婚の運びとなった。

母はお色気タイプではなくか弱い清純って感じで、
未経験の女性が好きな人たちに人気だったので、
祖父母の狙い通り人妻=他の男の女って事で
前ほど深刻な事は起きなくなった。

その後、数年して私、妹と2人女の子を産んでフェロモンは更に落ち着いた。
ここまでならメデタシメデタシなんだけど、
妹が母のフェロモンを受け継いでしまった。

不思議な事に外見は妹よりも私の方が母に似ている。
顔立ちというか系統は一緒なんだけど妹は
かなり父の形質が入ってる感じなんだよね。

それなのに、母と同じ苦しみを味わうのは妹という矛盾……

とは言え、受け継いでしまったものは仕方ないので
母も祖父母と相談しながら、
自分の時と同じような対策をしながら妹を守り、
大学を卒業して女性だけの職場に就職。

数年後に見合いで良い夫を見つけて結婚した。

幸い?というべきか妹を好きになる男は

「あの子の良さがわかるのは俺だけ」
「あの子を見守ってあげたい」
系で、母の時よりも更に未経験の女性好きばっかだったので、
結婚前後に

「そんなはしたない女だったなんて失望した!」

って怪文書が届けられたくらい。
そういうわけで妹本人も含めて油断していた時に事件が起きた。

私の仕事中に妹の勤め先を通して警察から連絡が来た。
仕事中の妹に一目惚れした男にいきなり抱き付かれて怪我、
現在は警察署にいるとの事。
普段は電車で数時間の距離で働いている私が、
この日は偶然にも出張で近くにいたので慌てて教えられた
警察署に行ったら部屋の外から妹が泣きわめく声が聞こえる。
私たちは母に

「怖いとは思うけど、襲って来る男に怯えたら
喜んでエスカレートする」

「毅然とした態度で淡々と接して」

と教えられ、妹もいつもはそう実践していたので、
どんな酷い怪我したのかと慌てて部屋に入った。
警官数人と泣き叫んで部屋の隅に逃げた妹と、
その妹をなだめようとする見知らぬ男。

私を見て警官が

「お姉さんですね。よかった、妹さんかなり混乱しています。
旦那さんもとても困ってるんです!」

って言って来たんだけど、そいつ妹夫じゃない!
私も思わず

「ぎゃーーー!」

みたいに自分でも聞いた事無い悲鳴あげて
妹の前に立ちふさがり、面識無し男に
へたれパンチへたれキックを繰り返しつつ

「知らない人です!」

と訴えた。
ここでやっと警官が事態を把握して男を拘束して
部屋から追い出してくれた。

スポンサーリンク
姉妹抱き合ってわんわん泣いてしまって
暫く動けなかった。
後からわかった事を簡単に箇条書きにすると
 
・妹夫を名乗ってきた男は妹の勤め先の
人事&システム関係にいるマジキティストーカー
 
・妹に一目惚れ→職権で
妹の個人データ内の緊急連絡先を自分に書き換え
 
・今回の事件が起こり、
会社からは当然緊急連絡先に登録された番号に連絡
 
・「奥様が~」と説明され
「そっか!やっぱり僕たち結婚してたんだ!」と思い込む
 
・同じく職権で妹苗字で自分の社員証を発行していた
 
・警察では身分証として社員証を提示、
妹の部屋でも言われてもないのに警官に提示(自慢?)
 
・妹の場所から身分証の文字や写真が見えず
知らない男が妹夫の身分証を強奪と勘違い
 
・身分証を奪われるなんて妹夫に何かされた?!と錯乱
 
・なお、元々の怪我の原因となった馬鹿は
何の関係もない単独犯
 
人事の職権を利用した犯罪で会社の責任もあったので
会社からも和解金を貰い、妹夫婦は履歴書にあった住所とは
全く違うところに引っ越した。
 
妹「30過ぎてもう大丈夫だと思って油断してた。
もう働くのはこりごり」
 
母「年を取ったら数は減るけど大丈夫ではない。
60過ぎてもまだ手紙貰うよ」
 
祖父母「娘産んだら変わると思うけど……
でも娘(母)より孫(妹)が重症だし怖いねえ」
 
あの日、本当にたまたま私が近くに
居なかったらと思うとすごく怖い。
 
警察は
 
「確認不足は申し訳なかったけど、
騙されて妹を連れて帰らせたりはしなかった」
 
と弁解したけど、あの異常事態でもし
妹が意識もうろうとでもなったら本当にやばかったと思う。
 
モテて大変だなあとは思っていたけど、
母と妹の苦労が本当の意味でわかった衝撃的出来事でした。
 
 
人事のキティストーカーも抱き付き
ストーカーも前科持ちになったとだけ。
あとこっちに接触しないようにもしてるよー。
何しろ我が家はある意味ストーカー対応のセミプロだからねw
……とある程度自信?過信?があったのは確かだね、
この事件までは。
しまっていこーを我が家の合言葉に今後も頑張ります。
 
ところで男(妹夫)の目から見て
妹がどういう風に見えるのか聞いた事ある。
 
妹夫曰くすごく矛盾してるとは思うけど
 
「一目で内面に惚れる」
 
らしい。
 
言葉を交わす前でも見た瞬間、
この子は人生で出会う中で一番だ!
っていう絶対的な確信があったそうな。
 
彼自身も巧く説明できなくて、
ちょうどその時手元にあった私の漫画の中の
「イカ釣り漁船の灯りにどんどん吸い寄せられる」
シーンを指さして、このイメージがすごく近いと言っていた……
 
母よりも立派な灯りを掲げてしまっている妹丸は
いつか落ち着くのかなー
スポンサーリンク