娘とアジサイみながら「きれいねえ」と話していたら塩をぶつけられた

昨日やっとけりがついたんで書き込み。

子供が幼稚園に通いだした昨年の梅雨のこと。
そんなに遠くないので、晴れた日は徒歩通園してる。
通り道にあじさいの花が満開になっている庭があり、
子供と足を止めて

「きれいねえ」

と話してた。

すると、家のドアがあいて奥さんらしき方が出て来たんで、
ご挨拶でもしようと話しかけようとしたら、いきなり

「この泥棒!」

スポンサーリンク

と手に持った何かを投げつけられた
何が起きたかを理解するより先に、子供が泣き出したんで、
とりあえず子供を抱き上げて逃げ、
通りの角まで行ってから子供の目が開かない状況を重く見て
救急車を呼んだ。

スポンサーリンク
 
病院で診断書をもらって警察に行き、
警官同伴でその家まで行くことに。 
夜遅くなってたので、あちらはご主人もおられたので
同席してもらった。 
 
奥さんの言い分では
 
「この数日あじさいが斬り取られることが続いていた、
今日外を見ると親子連れが立ち止まっているので、
泥棒と思い塩を撒くことにした。
顔に当たったらしいがそんなのは自業自得、
おまわりさん、さっさと捕まえて下さい!」
 
ご主人も同意して
 
「泥棒の味方は止めなさい」
 
とおまわりさんを怒る始末。 
私が母子家庭ということもあってか、
おまわりさんまでが 
 
「奥さん、さびしいのはわかりますが、
花泥棒も犯罪ですよ。謝って和解されたらどうですか」
 
と言いだす。 
あまりに腹がたち、やってないことを訴えたが、
その場では誰も信じてくれなかった。 
翌日、実父にできごとを訴えて
弁護士を紹介してもらった。 
こちらには盗った証拠はまったくないことや、
実際に娘が目にケガしていることで
徹底的に争うことになった。 
被害届も出したけど、警察は私にも相手から被害届が出ており、
私が罪を認めて謝ればあちらも謝るだろうという
意見でいるので、弁護士に民事で訴えてもらうことにした。 
 
双方とも、一歩も引かないので
長引くかと思われた昨年秋、
その家のご近所で窃盗があり、
そこそこ年配の女性が捕まった。 
弁護士さんの情報では、確かに子供はいるが、
もう成人しているほどの年齢の女性で、
自宅の庭を飾る花やグッズをその辺の家から
盗んでたらしい。
自供の中に、件のあじさいもあった。 
自宅の庭に挿し木をしていたそうだ。 
ここで弁護士と相談の結果、
傷害の他に名誉毀損でも訴えることになった。 
相手奥は、裁判中、噂をご近所にばらまいてくれていた。 
私も複数犯の1人だとか、子供を虐待してるとか、
中でも一番許せなかったのが、
私が体を売ってそれが原因で離婚したんで、
慰謝料がきつくて泥棒して回ってるというものだった。 
私の主人は闘病で力つきたのに。
 
この裁判、負けるはずは無く、
それらも全部考えた上で、弁護士さんは
そこそこの慰謝料を取ってくれた。 
裁判の結果はすぐに励ましてくれた
ママ友に連絡したが、そのママ友が怒り、
そのご近所のスピーカーさんに話をしたらしい。 
夫を病気で亡くした母子家庭の娘を
ケガさせた家ということで、
周囲から冷たい目で見られることに
なったようだ。 
 
で、昨日。
その家が空き家になっていた。 
一昨年に販売したばかりの住宅街、
公道に面した一等地の家だった。
 
きっと期待に胸躍らせながら入居したんだろうが、
入園後初めてのプールを休み、通園も不自由な眼帯、
クラスの意地悪な子にからかわれた
娘の気持ちを思うと、悪かったとはカケラも思わない。
 
泥ママが原因なのは間違いないんでここに書きました。 
相手奥も被害者でしょうが、
盗んだ現場も見ずに塩を投げつけたことや、
逃げる私と娘に向かって
 
「泥棒!泥棒!」
 
と叫び続けたこと(周囲にたくさんの人がいました)
などを考えると、絶対に許せなかったし、
後日噂の内容を聞いた瞬間に
 
「この家庭、絶対に潰してやる!」
 
とまで憎みましたので、
慰謝料を払うために家を売却したようですが、
今は後悔してません。 
 
警察を謝らせるには大変な時間と労力が
かかるとのことで泣く泣く断念しました。 

ただし、その警官は近くの派出所勤務の方で、
ママ友の1人が言うには
 
「事実も確認せずに犯人扱いする警官」
 
として地域で有名になっており、
近くの小学生からも 
 
「何もしてないのに捕まるぞ!」 
 
「だめだめ警官、しごとしろ!」
 
などの罵声を浴びせられる
辛い交番生活を送っているようです。 
 
 
おっかないですよwww 
旦那の病床で、娘を誰にも後ろ指さされないように
しっかり育てる約束してますからね。 
母親だけでもちゃんと戦います。
スポンサーリンク