台湾からの技術留学生の嫁「俺さんは優しいし、仕事できる男の人ってカッコいいじゃないですか」

嫁が台湾からの技術留学生で
俺の会社に来て俺が教育担当になった。
嫁の祖父が日本統治世代で日本語ができて
両親もその影響でペラペラだから、
嫁も祖父や両親から日本語を教わったので、
最初から会話が成立するので意志疎通には苦労しなかった。

2ヶ月位経った時に買い物につきあって欲しいと
いわれて休日に出かけた。
留学生数人とで出掛けると思っていたら何と2人きり。
重たい荷物かなと思ったが別に重たい荷物は無かったし、
訳も分からず彼女の買い物につき合っていたら、
その日の別れ際にまた来週どこか行きませんかと
誘われた。
3回位そんなのが続いたので俺は嫁の事を嫌でも意識し始めて
4回目のデートの時に嫁に思い切って俺の事が
好きなのか聞いてみた。

外国人特有のオープンさと言うのか
顔色一つ変えずに好きですよと言う嫁。
俺のどこがいいんだと聞くと嫁は満面の笑顔で

スポンサーリンク

「俺さんは優しいし、仕事できる男の人って
カッコいいじゃないですか」

と言い切る。
生まれてこの方女の子にカッコいいと言われた
事の無い俺はもう夢かと疑う始末。
この後に嫁に告白されて付き合う事になった。
そんな事でつき合いだしてほぼ毎週デートに
出掛けるようになった

最初は今までモテてない俺がいきなり
女の子から告白されて、しかも積極的に
嫁からつき合っている事に何かウラがあると邪推した。
外国人の結婚詐欺とか結婚による
永住権取得が目的とか色々考えたが、
彼女の笑顔と尽くしてくれる事で次第に
その考えが恥ずかしい事だと気付いた。

嫁があれ食べたい、
あそこ行きたいとおねだりしてきて振り回されるが、
それにつき合っている事が凄く楽しいと思うようになってからは、
俺も色々と嫁にお願いしてみたり少し困らせる
おねだりしてみたりと今までモテなかった分だけ
思いっきり楽む事にした。

来日から1年が過ぎて嫁たち技術留学生は
帰国となったが、俺も嫁も別れる事はせずに
遠距離を頑張ってしようと話した。
別れ際の嫁が

「またすぐ会おうね」

と言った事に少し涙した。
でもこの意味が俺の捉えていた意味と違うのだと
後で気づく。
嫁の帰国から3ヶ月が経ち、
毎日ビデオチャットで会話していた俺と嫁。

嫁が今度の連休に日本へ行くと言って
俺は久々のデートに嬉しさを隠せなかった。
場合によっては有給使ってでも
会おうと考えていたのだけど、
わざわざ日本の連休に合わせて来てくれる
用意周到ぶり。
待ちに待った連休の前日に会社で新入社員が入る話があり、
連休明けから来るという事だけ伝えられて休みに入った。
嫁は連休初日から来て3ヶ月ぶりのデートを連日楽しんで、
宿は俺のアパートにイヤでも転がり込むと言って
聞かなかった。

もちろんそっちの方もお互い爆発して歯止めが利かなかった。
そんな連休も終わって新入社員の紹介になると
そこには嫁の姿が。

何も聞いてない俺はキョドッていたら、
嫁は日本の技術を本格的に学ぶ為に
台湾から単身日本へ乗り込んできたという
もちろんそれは表向きの理由で本当の理由は
俺と一緒にいたかったから。

スポンサーリンク
嫁の実家では毎日俺の話が上がって、
すぐに会わせに連れてこいと
うるさい位だったそうな。
 
嫁は俺のアパートの隣部屋を借りたが
ほぼ物置状態で、住むのは俺の部屋で同棲のレベル。
 
会社が終わった後にアパートへ帰って
嫁と今回の入社の件で話をした。
 
まず嫁が日本へ就職する事を
黙っていたのかは俺をびっくりさせたかったから。 
話したくてたまらなかったそうだけど
俺の驚きの為に我慢していたらしい。
 
そして少し意地悪く相変わらず
俺の事が好きなのかと聞いたら、
泣きそうになりながら好き過ぎて
会いたくて寂しくてたまらなかったと言う嫁。
 
最後に俺が結婚しようと言ったら
するかと聞いたら、すぐにでも
結婚したいと強い口調で言い切った。 
俺は嫁の情熱を全て受け入れようと
決めて嫁に結婚しようと伝えた。 
嫁は涙でグチャグチャになりながらも
うんと答えてくれた。
 
2ヶ月位一応お隣さん同士として
嫁も部屋を借りていたが、
それ以来部屋を解約して俺と
本式に同棲することになった。
 
日本のお盆の時に嫁の実家へ
結婚の挨拶へと台湾に行った。
嫁の実家は嘉南にありお邪魔するやいなや
台湾にいるにも関わらず日本語で
出迎えられてかなりウェルカム状態。
嫁の家族から色々ともてなされた。
食事は俺が食べられる物をと日本食に近い
味付けで酒も俺が良く飲む日本酒や
芋焼酎が用意されていた。
 
あまりのもてなしに俺はそこまで
気を使わないで下さいと言ったが、祖父が
 
「ここは昔から日本人が良くしてくれた、
嫁を見初めてくれた君にはこれくらい当たり前なんだよ」
 
と話した。
俺も失念していたが嘉南と言えば
八田與一というダムと水路を整備した
日本人がいて、嘉南の人は特に日本人を
尊敬しているようだ。 
祖父は特にその思いが強くて
両親も嫁の結婚相手が日本人とあって嬉しい様子。 
滞在する3日間本当に良くしてもらった。
 
帰る日になって嫁の祖父から
 
「君はもうここの家族だ、困ったらいつでも言ってくれ」
 
と言ってくれて俺たちは帰国。
 
程なくして籍を入れて結婚の
段取りを進めていって翌年3月に結婚式を挙げた。 
台湾の嫁家族には旅費からの全てを出して招待。 
嫁のドレス姿に祖父と父親は号泣しっぱなし、
母親も涙を目に浮かべていた。 
 
今は子供が2人いるけど嫁は
あと3人は欲しいと言ってくる。 
33歳の俺と24歳の嫁。 
10近い年齢差が段々とキツく
のしかかってきていますw
 
 
ちょっとオマケ 
 
一時スレがいくつか立ってた
「台湾の女の子がヤバい」
みたいなやつで、さすがにスレに
貼られてる可愛い子たちは上の中より
上の子ばかりだけど、実際行って見たら
結構レベル高い子がほぼすっぴんで街を歩いてたりしてた。 
飾りっ気の無い純朴そうな子が多かった 
おじさんには少し目のほy…毒だったよ… 

あと1つ助けると倍返し所か本当に10倍返しで来る。

スポンサーリンク