あんなに離婚したいと思ってたのに

結婚したばかりの頃、
7歳年上の旦那に若輩者扱いされて、
今でいうモラハラみたいな感じだった
もう離婚してやろうと思って、
戸籍謄本と記入済みの離婚届を用意して、
財産分与がスムーズにいくように
生活費の管理の見直しやら、
複数の口座にばらけた貯金の整理やらを
やり始めようとしてた

スポンサーリンク

そんなときに夫が体調が悪いと言って病院に行った
病院から「今すぐご家族の方来てくれ」と
連絡が来て行ってみたら、詳細は伏せるけど
命に関わる難病の可能性があり、
今すぐ検査をするので入院させてほしいと言われた

聞いた瞬間に頭が真っ白になって
「私で使えるものがあったら何でも使ってくれ。
私が身代わりになるから夫を健康にしてくれ」
と医者に掴みかかって叫んだらしい
(記憶はないけど、あとから看護婦さんに教えてもらった)

スポンサーリンク

あんなに離婚したいと思ってたのに、
夫がしぬかもしれないと思ったら絶対に嫌だ、
私なんてどうなってもいいから神様なんとかしてくれ、
と心の底から思った

結局、精密検査をしてみたら、
夫はストレス由来の体調不良だった
だけど結果が出るまで生きた心地がしなかった
それで私の方が胃が大変なことになってて、
夫の結果が出ると同時に倒れて入院した

↑で書いた看護婦さんは夫母の知人だったので、
そこから夫に一連の話が行ったらしく
そのせいか夫の態度が軟化して、
私の入院中も甲斐甲斐しく見舞いに来てくれた

今ではすっかり当時のモラハラ気質も影をひそめて、
夫とは新婚さんみたいに仲良しな状態を継続できてる
今朝病院で2カ月ですねと言われたので、
夫に「赤ちゃん誕生するよ」とばらしてみた

夫が狂喜乱舞して食器棚で指を打った
手当をしながら、
あそこで離婚しなくて本当に良かったって心底思った

スポンサーリンク