箱入り娘の友人がパパの会社へ就職したが「私だって立派な大人なんだから!」と会社を辞めて私の家に転がり込んできた

友人は蝶よ花よと育てられた生粋の箱入り娘。
中学から女子校に通って女子大を卒業。
そのままパパの会社へ就職。
担当は総務。仕事内容は簡単な作業ばかり。

社会人2年目でようやく
周囲と自分の扱いが違うことに気付き、
初めての反抗期を迎えた友人。
「私だって立派な大人なんだから!」
と会社を辞めて私の家に転がり込んできた。

スポンサーリンク

んで、とりあえず
仕事が決まって落ち着くまで居候させることに。
後から聞いた話だけど
「パパの会社で働いてたのは仕事じゃないから!」と
大学卒業後1年半ニートをしていたことにして、
就活していたらしい。

そんな経歴+箱入り娘特有のおっとり天然では
なかなか採用してもらえない日々。
それどころか圧迫面接を受けたらしく、
結局友人はパパに泣きついた。

スポンサーリンク

その圧迫面接をした会社の1つに
パパが取引している会社があったそうで、
パパ鬼おこプンプン丸。
危うく取引停止までいきかけたけど、
なんとか首の皮1枚繋がった。
ただし、面接を担当した人は
閑職に回されて自主退職コース。
ムカつく上司がいなくなってめちゃ嬉しかった。

うちの会社と友人パパの会社が
取引してるって知ったのが衝撃だった。

しかも首の皮1枚繋がった理由が
「私ちゃんが無職になっちゃうからやめて!」
と友人が言ってくれたからだと社長に聞いた。
嬉しいやら恥ずかしいやら悲しいやら…。

友人は私の
「仕事楽しー(棒)サービス残業バンザーイ(棒)」
を真に受けてるっぽい。
友人の一件でサビ残なくなったけど。

「やっぱりパパの言う通りだった」
と短い反抗期は終わりを告げ、
今はパパの秘書の秘書をしてる。

スポンサーリンク