旅の途中で駅名に惹かれて無人駅で降りた。そこで自分の物と異なる獣臭を感じた。

大学生の時の実話、
不条理な点は結構自己解釈してるんで、
思うところがあったら指摘してくれると助かります。

夏休みになると、よく旅に出てた。
海外とか、自分探しとかそんな崇高なもんじゃなくて、
18きっぷで知らない街まで行ってソバ食べて、
風呂入って、みやげ買って帰って来るそんなレベル。

世紀末のようやくインターネットが普及しだした時代、
携帯じゃなくてポケベルが最高の装備品。

これから向かう先の情報なんかも調べる方法がなくて、
基本的にいつもノープラン、
漫画喫茶に泊れるのはまともな方で、
しばしば駅で野宿してた。

スポンサーリンク

でもって、ある年の夏の日、
関東某県のローカル線の終電に乗ってた俺は
終点の一つ手前の駅で降りた。
降りたのは俺一人、なんで降りたのかって言えば
駅名に魅かれたから、ただそれだけ。

終点の次の方が知名度もあるし、
大きな駅であることは想像できたんだけど、
もうこの時点で駅寝だと腹はくくってた。
結果的にこの判断がこれから始まる
恐怖の一夜の始まりだったんだけどな。

人里離れた無人駅、のわりには駅舎は結構立派で、
一晩過ごすのには問題なかった。

民家一軒ないので当然商店もないんだけど、
自動販売機もあるし清潔感のあるトイレもある。
そして嬉しいことに徒歩で歩いて行ける範囲に
野天風呂(のてんぶろ)の看板があった。

夕方に一度別の駅の近くの温泉に入ってたけど、
行かない理由もないのでその風呂に向かう。

温泉街の外れの山道を登ると、
雑木林の真ん中にポツンとたたずむ小さな風呂と屋根。
料金箱に小銭を入れてミニランタンを頼りに夜の風呂につかってた。

そうしてのんびりしてたんだけど、
急に風が冷たくなった。
霊が…とかじゃないからな。
こりゃ雨になるなあ、と感じた俺はさっさと着替えると、
再びふもとの駅に向かう。

ポツポツと降り出した雨が、
駅に着くと同時に豪雨になってまさに危機一髪。
俺さえてるじゃん、
と自画自賛しながら駅舎の中のベンチに荷物を下ろして、
ベンチに横になった。

舎内は暗かったけど、
ホームを照らす明かりが改札越しにさしこんで、
荷造りには特に困らなかった。

愛用の寝袋を出してそれに包まる、
ミニ目覚ましの時間を始発前1時間にセットして眠りに着いた。

そん時な、初めて気がついたんだよ、
駅舎内の違和感に。自分の物と異なる獣臭、
暗闇に目が慣れてきて俺の目に映ったのは、
駅舎のすみでヒザをかかえてうずくまる男の姿だった…。

心臓がドキンと跳ね上がるのを歯を喰いしばっておさえ込む。
外はさっきから降り始めた豪雨。
なんか遠くで雷も鳴り始めてる感じ。

俺、駅に入ってから
結構ドタンバタンしてましたよね?
ずっとそこで黙って見てたんですか?

ドキドキしながらその男の様子を見る。
ヒザをかかえて体育座り。
眠ったように顔をふせてるので表情はわからない。

チノパンにえり付きのシャツを着てて、
俺よりまともな身なりに見えた。
無造作にセットしたような髪と、
太めの体はピクリとも動かない、
ていうか寝息一つ聞こえない。

遭遇して1分もたってませんがこの辺で感じてましたよ、
あれ、こいつ死んでるんじゃね?って。

「ぉ‐ぃ…」

おそるおそる小声で声をかけてみる。反応無し…。

パン!

いきなり拍手。反応無し…。
意を決し、さっきセットしたばかりの
ミニ目覚ましのアラームを現在の時刻にセットする。

ジリリリリリリ!!。反応無し…。
決定、こいつ死んでるわ…。

電車がついた時には駅舎に電灯もついていたんで、
この男がいなかったのは間違いない。
つまり俺が湯につかりに行ってた間にこうなったわけだ。

問題なのはこれが事件なのか事故なのか…、
駅の外に公衆電話があったのを思い出して、
とりあえず警察を呼ぼうと考える俺。

しかし万が一この男が本当に寝てるだけだったら失礼なわけで…、
大きく足を踏み鳴らしながら男に近付く、
んでもって顔を覗き込む、見なきゃ良かった…、
口からヨダレみたいに血を流してるよ…。

いや、それでもと思いなおして腕に触れてみる。
冷たいよ!かたいよ!死後硬直してますよ!死亡確認ですよ!

外に行こうと扉に手をかけた、
その瞬間ふと考えた。
あれ、ここで警察呼ぶと俺が第一発見者だよね?
そしたら色々面倒なんじゃね?事情聴取されたり、
下手したら犯人扱いされちまったり…。

少し考えよう…、思い直してベンチに座り直す俺。
とりあえず寝袋その他を再びリュックに詰め直す。

電車を降りてから、今現在までのアリバイを考える、
誰にも会ってねーよ!いや、こいつに会ってるか…。

スポンサーリンク

いや待て、事故と言う可能性も、
俺みたいに雨から身を守ろうとして駅舎に逃げ込んで
座ってたら死んじゃいました♪的な…。

再び男に近付いてミニランタンをつける俺。
うわぁ、首にあとが付いてますよ…、
なんか縛ったような…。
事件確定、もうやだ…。

とりあえず自分の身の潔白を示す上手い方法を思いついたら
警察を呼ぼう。それがその時の俺の心理だった。

事件ならすぐに警察呼べよと思うし、
死亡時間分かればアリバイなんていくらでも
証明できそうな気もするけど、
その時はそこまで頭が回らなかった。

下手に拘束されるとバイト行けなくなるなぁ、
むしろそんな心配してましたよ。
考えても考えてもメダパニる俺。

その時、俺の中の悪魔が囁いたんだ。
逃げちゃえよ、と。死んだ男は赤の他人、
俺と縁もゆかりもない土地、ていうか俺実際無罪、
凄く魅力的な提案だった。

元々乗っていた電車の終着駅まで歩こう、
朝には着くはずだ。
そう思って扉に手をかけた時、
雷鳴が聞こえた、ああそう言えば外は大雨でした…。

再びベンチに腰を下ろす俺、
死体とこのまま一晩過ごそうか、
明け方に雨があがったら脱出しようか、
そんなことをもやもやと考えながらボーっとしてた。

そしたらな、なんとなく臭って来るんだよ、
男の臭い、死臭って言うやつ。なんかやだなぁと感じる。
ホームのベンチに座ってようかと改札をくぐる。

そしたら向かいのホームに待合室が見えた、
こいつはラッキー、と階段を上って向かいのホームの待合室へ。

電気は消えてたけど、ベンチに座布団とか敷いてあって、
想像以上に快適な空間だった。
あの死体が無ければここで朝まで寝てるのに…、マジでそう考える俺がいた。

気がついたら寝てた、がっつり寝てた。
外はまだ真っ暗なんだけど、
業種によっては明け方と呼んでも差し支えないような時刻。

雨はすっかりあがって、都会では見られないきれいな
星空が見えてた。うわぁやべぇ、
と感じつつ橋梁を渡って駅舎に戻る。

なるべく死体を見ないように駅から脱出しよう、
そう考えながら改札をくぐる。
そしたら、死体が消えていた。
瞬間蟷螂拳(とうろうけん)のようなポーズで戦闘態勢に入る俺。

死体が動き出した?実は生きてた?完全にパニックにおちいった俺。
何をどうしていいか分からず、その瞬間大声で叫んだ、
ワー!!とか、ウオー!!とかそんな感じ。

んでもって歌いだした、涙の数だけ強くなれるよ!!、
そんな感じ。歌い終わってからようやくベンチに腰を下ろす。

ゼーゼーと息を切らしてたのが落ち着いて、
それから頭が少しずつ冷めていった。

男が座っていた辺りを調べる、
シミみたいのがついてた、
血?ヨダレ?何とも言えない。
室内の臭いをかいでみる、その時に気がついた。

昨夜は感じなかった臭いが混じってる。
たぶんタバコの臭い、それもまだそれほど時間がたってない
新鮮な感じ。灰皿も見てみたけど、
濁った水に何本も吸い殻が入っていてよくわからんかった。

ベンチに座り直し、俺なりに考えてみた。
男は実は生きていた、ぐっすり眠って、
起きた後にタバコを1本吸って去って行った。

うん、一番理想的な結論だ。

でも多分違う。死体の観察なんてしたことないけど
多分あれは死んでたと思う、じゃあ真実は何か?

誰かが男の死体を夜の駅に隠した、
俺が離れの待合室で寝てる間にその誰かが回収した。
タバコはその誰かが吸っていた。

おそらくこんな感じなんじゃないかと思う。

そう考えるとゾッとした。もしも駅舎にとどまっていたら、
その誰かと遭遇してたわけだ。DQN?ヤ〇ザ?外国人?
いずれにしてもかなりの確率で殺人犯なわけだ。

雨の中、夜道を隣駅まで歩いていたら?
それもそれで危ない感じがする、
その誰かが放っておかない気がする。
ほんのささいな偶然が重なって、
結果的に一番安全な場所に身を隠していた、
その時はそう思った。

結局始発までその駅にいた。
始発の30分くらい前、駅に入って来た
よぼよぼのお婆さんがどれほど心強く見えたことか…。

昨晩知らない人が死んでました、
とよくわからん通報をするわけにもいかず、
俺の中ではなかったこととして処理されている。

地元に戻ってから毎日Yahooでその地方のニュースを検索したが、
該当した事件は確認されなかった。

10年以上の月日が流れて記憶もだいぶ風化してるけど、
キャンプや野宿をすると思いだす時がある。

何度か夢にも出てきた。
雷鳴が轟く駅、眠っている俺、
待合室に男が現れる、叫びながら逃げる、
そんな感じ。

当時すぐに通報すれば、
防犯カメラの画像なんかで解決したかもしれない、
そう思うこともある。

しかし、まああれだ、あれは俺の妄想だった、あ
るいは夢だった、
ということにしといて下さい。

スポンサーリンク