痴漢冤罪で捕まルところだった

会社から出社と帰宅する際に、いつも電車なんです
ある日、帰宅の電車で
フラフラしている爺様と孫さん(18歳くらい?)が
私の座っている席の前に来たので
爺様に席を譲りました

ちょうど、譲った駅からは人が大量に乗り込むので、
爺様に苦労はかけれないからね

スポンサーリンク

そして、いつも降りてる駅に着いたので
釣り革から手を話した瞬間

女「この人痴漢です!!」
と、いきなり手を掴まれいわれた

こんな状況、初めてだったので
魚みたいに口パクパクしてしまった

そして、後ろから男
「あのー、俺みてたんすっけど、
がっつりチカンしてましたよ。」

また、俺口パクパク


「駅員につきだしてやる!
目撃者としてあなたも来て下さい。」

「あーいいっすよ。」

そして、俺は話でしか聞いたことのない死刑台へ連行

女の言い分
・ずっとチカンされて、気持ち悪かった
・心が傷ついた
・許して欲しかったら示談だ!〇〇万円だ!

冗談じゃ無い俺は触ってない!

俺は必死に駅員に、訴えたが聞く耳を持ってくれない
あれだな、もうめんどくさいだろうな駅員

スポンサーリンク

駅員
「ひとまず警察へ~」

あー俺おわったと、思ったら
さっき席を譲った爺様と孫さん&?男が登場
証人となってくれた!

爺様
「その人は、触ってないよ。
駅に降りるまで、右手に釣り革で
左手に鞄をもっておったからの。」

「は?こいつグルなんじゃないの!?」
孫さん
「僕たちはその男の人とは、全くの初対面です。etc.」

なんと、俺が席を譲った爺様はどっかの会長らしく
痴漢冤罪に間違われた俺を、救うべく
電車から降りてきたそうだ

その間、男と女フジコる(笑)

爺様
「じゃ、先生をたてようか。
え~と、兄さん。家の弁護士を使ってくれ。」

ここで、謎の男 弁護士と発覚
あの時、気付かなかったが孫さんの後ろにいたそうだ

男と女キョドる

キョドる女
「あ~もう、いいわよ!示談抜きで!
ハイ、しゅーりょー!」

が、弁護士が許さなかった

弁護士
「では、次に俺さんに対する
慰謝料について話しましょうか?」

その結果2人から(両親)
慰謝料をたんまりと頂けました

後日、爺様に礼を言いにいくと恩返し とのことでした

皆さんも、電車とかで席を譲ればいいことあるかも?

スポンサーリンク