期間限定同居の5日目・お昼ご飯の際、トメさんに突然泣かれた

期間限定同居の5日目・お昼ご飯の際、
トメさんに突然泣かれたのが(私の心の中の)修羅場。

理由:嫁イビリしたのに嫁(私)が
何でも喜んで優しくしてくれるので申し訳なくて号泣

スポンサーリンク

そのイビリってのがさ、

(1) 嫁の仕事(家事、その時は皿洗い)を奪ってやった!
→ならば私はトメさんが届かない換気扇のファンやカバーを
試してみたかった強力洗剤でピッカピカに洗っておいた。

(2)嫁の苦手な菓子をだしてやった!
→甘いものが余り好きじゃないけれど出してくれたのが
美味しい塩大福なので目から鱗が落ちんばかりの衝撃的うまさでした。

(3) 嫁のお昼ご飯に粗末なメニューを出してやった!
→アゴ出汁のうどんに千切った小ネギどっさりの品。
ネギをこよなく愛する私にはご褒美メニューでした。
しかも小ネギはトメさんが家庭菜園で育てた味の濃い逸品。
思い出すだけで涎が出てしまう美味しさでおかわりを我慢出来ず
2玉も食べてしまいました。

どこがイビリ!?と聞いてびっくりしましたが根が優しいトメさん、
イビリ方を知らないみたいです・・・。

スポンサーリンク

すること(家事)がないと暇で寂しいでしょうと思って(1)を実施。
甘いモノ苦手と聞いていたのでお菓子用意したけれど甘すぎると体に悪いかもと(2)に。
息子(私旦那)やウトさんがあまり喜ばないメニューだったと(3)を用意。
(後で聞いたのですが旦那やウトさんが(3)を喜ばないのはネギが苦手と
トメさん特製の鳥南蛮うどんが大好物なのでってことらしい)
こんなにイビってるのにトメさんが普段は出来ない換気扇の掃除や網戸の洗浄、
庭の除虫なども喜々としてやってる私を見て申し訳なくなったそうです。

旦那の2年間の地方赴任が決まり、義実家の近くであることと丁度、
私の会社の義実家地方の支社が人手不足だったので
2人で2年間義実家近くに引っ越すことになり、
ちょっと義実家にやっかいになりながらアパートを探していた時に起こったことでした。
(旦那は研修で異動と共に出勤だったが私は引っ越しなどのため長期休暇中だった)
料理が嫌いではないが掃除や草むしりなど体を動かすことの方が
好きな私は美味しいご飯を食べさせてくれるお礼にと
掃除も買い物の足としての車運電もそりゃ喜んでやりますよw
そんなトメさんの号泣謝罪を受けてこっちの方が
申し訳なくなり何だかもらい泣きしてしまいました。

結局、アパートは探さず2年間義実家にお世話になりました。
あ、トメさんに出してもらったネギうどんは
アゴ出汁の元を買って今でもたまに作りますwww

スポンサーリンク