セレクトショップの店員がクソだった

私の友達と二人で買い物へ行ったときの話
その日、私は母から貰った使い古し感のあるお古のビトンのバッグを持って、
UNIQLO+ライトオン+青山のコート姿
友達は一部に根強いファンを持つあまり有名ではない
ブランドのハンドバッグ(3万、おろしたて)を持って
きちんとしたワンピース+コートに一緒に買いに行った
2万ほどの革のブーツを身に着けていた
私はお洒落じゃないからそっちの評価はわからないけど、
友達は普通に無難に固めてるように見えた

スポンサーリンク

里帰りするときに持っていく両親のプレゼントを
購入するためにそこそこいいお値段のセレクトショップに行ったんだけど、
そこでの私と友達に対する店員の扱いの差がひどかった
私の両親は使うブランドが決まっており、
友達はブランドは決めず色で探していたので、店内では二手に別れた
そうしたら、私の方にはすぐに店員が張り付き接客を始めたのに、
友達の方には暇そうな店員でさえスルーを決めこんでた

カウンターの向こうには若い男女の店員が談笑してたから、
他の作業に忙しかったわけでもない
私の方はこちらが頼んでもいないのにガラスケースをあけて営業を始めたのに、
友達の方は友達が店員を探して声をかけて
ガラスケースの商品を指さしてもガラスケースはあけてもらえなかった

スポンサーリンク

私の方は予算を少しオーバーした商品までも
オススメされてどんどん並べだしたのに、
友達の方は類似商品をオススメされることもなく、
店員は結局ガラスケースをあけることもなく離れていた
一方的に話し続ける店員の声を右から左に、友達の方を見てたんだけど
明らかに接客が必要なオーラを出してたのに店員が捕まらず、
どんどん不機嫌になっていくのが見て取れた

結局友達は候補にして手にとっていた商品を
カウンターに返して、店を出ていった
そして「この店では買わないから、外で待っとくね」とLINEが入った
私は私についている店員に「なんで私の友達には
接客がつかなかったのか」とストレートに聞いてみた
店員は少し狼狽えたように、

「ただご覧になりたいだけのお客様もいますので」

とモゴモゴ答えた
要は友達は単なる冷やかしだと思われてた

「そうですか?私も友達も買いに来たんですけどね?もういいです」

と伝えたけど

「お友達は学生に見えて購入するようには見えなかった」(お互い30歳)

「お客様のお連れ様でついてきただけだと思った」(それを見抜けないのは店員として失格では?)

と言い訳しながら必死に引き止められた
年の瀬に最後まで不愉快だった

スポンサーリンク