危険な場所で孫を遊ばせている老が・・おじいさんを注意したら逆ギレされた

うちの近くに「あぶない・子供は遊ばない」
という看板が掛けられてる場所があるんだけど、
今朝方、どこかのお祖父さんが、
幼稚園から小学校一二年くらいの孫二人を連れて遊ばせてた。
騒いでうるさいし、その場所に入るにしろ遊ぶにしろ、
我が家の敷地に踏み込んでるし。
で、婉曲に注意したんだけど逆ギレされた。

こちらとしても、お孫さんの前でお祖父さんに恥を?かす気はなく、
かなり下手に出て丁重に話を持っていったのに、
こちらの目的(退却)を察した瞬間、逆ギレして
話をろくに聞かないというか、全く会話にならない。

スポンサーリンク

だいたいこんな感じ

私「すいません、ここ、こんな看板がかけられてるような所なので
小さい子供を遊ばせるには向かないかと…」
爺「私がついてるからいいんです」

私「いやでもここで子供が遊んでると、それを見て、
ここで遊んでもいいんだと真似する余所のお子さんが」
爺「私は町内会で総代やった事もあるんだぞ」

私「はぁそうですか、でも」
爺「ここはあんたの土地じゃないだろう」

私「そうですが、さっきから見てたらお孫さん、
我が家やお向かいの駐車場の塀に登ったりもしてますし。
て言うか、なんか怒ってらっしゃいます? そんなつもりは無いんですが」
爺「あんた言い方がキツすぎるんだよ!」

スポンサーリンク

私「え」
爺「長くここで生活してきたがこんなきつい事言われたの初めてだ!」

私「え、お宅さまの方がキツいですよね、私別に喧嘩する気はな」
爺「だいたいこの看板は私がここに取り付けてやったんだ!」

私「そうなんですか?」
爺「そうだ、なのにあんたは偉そうに!」

私いやでもそれとこれとは話違いますよね。
そもそも危ないからここで子供遊ばせないようにという
看板取り付けた本人がここにお孫さん遊ばせに来るって」
爺「もう二度とここには来ないよ!」

私「はぁ、二度と来ないでくださいまし…」

お孫さんの手前、格好を付けたかったのかもしれませんが、
むしろかっこ悪いと思った。

そこの場所で遊ぼうとする子供は
幼稚園児から中学生まで定期的に居る。
その都度平易な口調で
「ここで遊ぶのは遠慮して欲しい」旨告げると、
これまでの全員が「申し訳ありません」
と頭を下げて退却してくれた。

ちょっと派手な感じだった中学生すらそうで、
自分が連れてきたであろう大勢の仲間達の見守る中で
潔く謝罪してくれて感動した事があるだけに、
今回の爺の態度には呆れた。

スポンサーリンク