友人夫「お前は文句しか言わない。 我慢の限界だ」とキレて出て行った。友人「ありがとう。さよなら」とメールが

結婚して旦那実家に嫁に来た。
知り合いもいなくて寂しかったので、
嫁に来てすぐに料理教室のパンフ見つけて通いだした。

そこで知り合ったのが、
おっとりした可愛い奥様Aと、美人でキツイ性格の奥様B。
3人とても気が合って、
子あり小梨の違いはあれど、すぐ仲良くなった。

5年くらい付き合ううちに、全員子供も授かり、
やや疎遠になったが
(同じ学年のママ友との付き合いや、パートのため)
機会を見つけては家に呼んだり、
ランチしたり、付き合いは続いていた。

スポンサーリンク

子供絡みで疲れるママ友よりも、
私にとってはA,Bの方が心許せる友人だった。

だが、ある時 Bが突然離婚。
Bの旦那さんはとても献身的で、
気の強いBにどこまでも尽くすタイプだったのだが
ある日突然
「お前は何をしてやっても文句しか言わない。
我慢の限界だ」とキレて出て行った。

子供たちは何故かご主人に付いていき
(このへんの事情を私は知らない)
Bは一人ぼっちに

私とAは、何かとBを励ましていたのだが、
ある日「ありがとう。さよなら」とBからメールが。
ヤバイと思った私はAを呼び、
二人でBの住むマンションに凸。

管理人さんに事情を説明して、
鍵を開けて貰って入った。

Bはカーテンレールからぶら下がっていたはずが
カーテンレールが折れて、
正座するような姿勢で動かなくなってた。

私はパニックになり
「いやー!!B!B!」と泣き叫びながら、
なんとかBを助けよう(?)としたが
Aは冷静で、Bに少し触れただけで
「荒らしちゃダメだ。救急と警察呼んで」と
無表情で言い放った。

可愛い系でおっとりしたAが、
管理人や私にテキパキと指示をしてくれて助かったが
ものすごく意外だった。
私より取り乱して泣きそうなイメージだったのに。

スポンサーリンク

その後、第一発見者ということで
私とAは警察に呼ばれたが、警察はおおむね同情的で
「大変でしたね。あまり気を落とさないで下さい」
とか慰められて帰宅。

Aは警察から帰り際、なぜか警察の人たちから
「先輩じゃないですか!」「ご愁傷様です」
「こんな形でお会いするとは・・・」とか言われてて
???と思ったが、
とにかくBの死がショックで私は放心状態
Bの葬式は、密葬で行われた。

その後Aと会うと、
Aは「大丈夫?」とひたすら私を気遣ってくれた。
そこでようやく私は警察でのAの待遇(?)を思い出して
「なんで警察の人から先輩って呼ばれてたの?」と聞いた。

Aの答えは意外なもので
「私、刑事だったんだ・・・誰にも言わないで」
というものだった。

これにもビックリした。
Aは髪型も服もとても女性的で、おっとりして優しくて
とても刑事だったなんて信じられなかったから。

「もうね、仕事で死体ばっかり見てたから。
最後はちょっとノイローゼっぽくなってたの。
今は女らしくて甘々なものが凄く好きなんだけど、
多分あの時代の反動だと思う。
結婚退職で逃げたから、
元同僚に会うとコソコソ隠れる毎日だったけど
あんなことで元職場に行く羽目になるとは
思わなかったなあ」

Bの死では悲しむよりも先に、
刑事時代の癖が出て、現場の保存だとか
そんなことに考えがいってしまった、と
ちょっと悲しそうに言ったのが印象的だった。

なんか纏まらなくて申し訳ない。

美人で気が強く、
旦那さんにかしづかれていたBが、
旦那さんに捨てられて
アッサリ自殺してしまったこと。

自分が第一発見者になってしまい警察に事情聴取されたこと。

おっとりして可愛らしいAが、元は刑事さんだったこと。

Bの死体を見たときに、Aがすっと無表情になり
周囲にテキパキと指示を出したことへの驚き

お互いのこと色々話して、
分かり合えてるつもりで付き合ってたのに、
他人のことって本当は分からないんだなと、
色々ショックだった。

スポンサーリンク