旦那の勤めていた会社が倒産した。新築の住宅ローンが どっさりと残っており

旦那の勤めていた会社が倒産した時の話

倒産して稼ぎが止まり
再就職がまだ決まっていない旦那
更に新築の住宅ローンが
どっさりと残っており
旦那の目から光が失われていた

でもそのローン実は返そうと思えばすぐに返せた
実は結婚前に旦那には黙っていたけど
親族の遺産(詳しく言えないので省くけど)で
私の通帳にかなりの額が分け与えられて居た。

就職先を焦って探そうとする旦那にその事を話し、
ローンこのお金で返しちゃうから
落ち着いて出直そう!
と伝えたら思いがけない旦那の一言が

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「 その金は嫁の金だ。
嫁が好きなときにつかってくれ 」

と元気無い癖にニコッと微笑んでくれた

「家族二人で買った家だし
俺自身の稼ぎでローンを絶対返す」

と言う旦那は、再就職に成功し
以前の職場に劣らない稼ぎをするようになった

好きなことに使えと言ったこのお金だけど、
旦那がローンを返し終えたら
旦那にすべてあげようと思ってる

私が働きに出ると言っても
「大丈夫、稼ぎは俺に任せて
嫁は家を守ってくれればそれでいいから」
と言ってくれた旦那への
責めての恩返しだと思ってる

スポンサーリンク