旦那が義両親を車で連れ出している隙に逃亡

長文苦手なんで、書き逃げ。箇条書きでごめんね。
・二年前に結婚した私達夫婦。
一年半前から義両親が押し掛けてきて同居。
・立場を弁えない義両親の息子夫婦イビリに耐えかね、水面下で逃亡準備。
・『引っ越す事になった。全部業者に任せるから親父たちは何もしなくていい。』
と、旦那が義両親に話す。(スムーズに事を運ばせる為)

スポンサーリンク

・そして昨日、逃亡を敢行。旦那が義両親を車で連れ出し。
・その間に引っ越し業者がトラック二台でやってきて。荷造り開始。
・義両親の荷物は貸倉庫へ。私達夫婦の荷物は新居へ。
・不動産屋立ち会いで退去の確認?が済んだ頃、旦那と義両親が戻ってきた。
・『引っ越し完了しました。お二人の荷物はここに』と、
貸倉庫の場所のメモと鍵を渡した。
・どーゆーことよおおおー!!と叫んで私に飛び掛かる義両親。
・とっさに義両親の髪の毛を掴んで引っ張ったらヅラが取れた。(わざと)
・焦る義両親を尻目に、急いで車に乗り込み、走りだす車の窓を開けた。
・『次の住みかはご自分で見つけて下さい!あの世でも会いたくない!
さようなら!ついでにヅラも!!』と、
ヅラを全力投球で目の前の川に投げた。

スポンサーリンク

川に不法投棄してごめんなさい。

荷解きする前にちょっと補足。
私達夫婦が住んでいた3LDKに、
義両親が押し掛けてきたのは一年半前。

最初はおとなしかったですけど、
次第に『お前等の稼ぎが少ないからまともな食事も取れない』
だの、『世話をしてくれない』だの、
もっと裕福な暮らしをさせろだの…。
私も充分応戦はしていたし、
旦那も全力で〆てくれていましたが、相手は斜め上をいってました。

半年前から、
水面下で仕事や逃亡先の調整をしつつ、なんとかやり過ごして。
昨日、全てが終わっての最後の別れ際の義両親の顔を見たら
非常にスッキリしました。まだ二人とも定年前だから、
せいぜい頑張って住みか探して再就職しろ!
という気持ちです。
車も無い住む所もない中年が、
どうやって数十キロ離れた場所の貸倉庫に
荷物を取りに行くのかは定かではないですが、
死んだ人と思って 気にしないことにします。

スポンサーリンク