大学のオープンキャンパスに友達と行こうと迎えにいったら「絶対行かせない!!・・」と友人の母親の声が聞こえた

高校のころ、中学からの同級生のAちゃんと
大学のオープンキャンパスに行こうと約束をして、
当日私の親が大学まで車で送ってくれることになり、
約束の時間にAちゃん宅に迎えに行った。

Aちゃんは成績が良く、皆勤賞、生徒会で先生からの信頼も厚く、
おそらく推薦であっさり希望の大学が決まるだろうな~と、
みんなが思ってるような子だった。

「着いたよ」とメールしてもAちゃんが出て来ないから、
玄関のチャイムを鳴らしに行ったら、
AちゃんとAちゃんのお母さんが大声でケンカしてる声が聞こえた。

スポンサーリンク

お母さんは

「絶対行かせない!!下にもまだ○○や△△(兄弟の名前)がいるのに
大学なんて行かせられる訳ない!絶対に就職しか認めない!」<

と怒鳴っていて、Aちゃんは

「分かってるって!でもみんなとオープンキャンパス行きたいの!
大学ってどんな所か見てみる位いいじゃない!
就職するからオープンキャンパスだけ行かせてよ!」

と応戦。
それでもお母さんは

「オープンキャンパスなんて行ったら大学行きたいとか言い出すでしょ!
あんた逃げるつもりじゃないでしょうね?!下の兄弟はどうなるのよ?!」

と更に激怒。
チャイムを押せずに車に戻って父に少し待ってもらったら、
5分程でAちゃんが出てきて

「お待たせ!遅くなってすみません!」

と父の車に乗り込んだ。
お母さんは追い掛けて来なかったけど、怖くて父に

「早く行こう!」

と促してオープンキャンパスに行った。
いよいよ進路の最終決定の時にAちゃんは笑いながら

「やっぱり進学より就職したいな~と思ってw」

と私たちに進路変更を告げてきた。

Aちゃんは全国チェーンの販売店に就職したので、
学生の私たちと休みが合わず少しずつ疎遠になっていった。

大学3年の頃、Aちゃんの弟と最寄り駅でばったり会って

「Aちゃんは元気?弟くんは今何してるの?」

と立ち話をしたらAちゃんは今も販売店に勤めてて、
弟2人は大学に行っていた。
子供だった私には何もかもが衝撃的だった。

今Aちゃんは結婚して優しい旦那さんと、
可愛い子供と幸せに暮らしてるのがせめてもの救いだ。

スポンサーリンク
今からでも大学行こうと思えばいけるかも知れないけど、
子育て、パートしながら行くのはなかなか現実的ではないかな。
そこまでの情熱が今の彼女にあるかは分かりませんが。
 
今はお互い母親になって、
同じ市内に住んでいるので時々会う友達に復活できました。
旦那さんが、羨ましいくらい優しくてステキな人で
毎日が楽しそうです。
 
弟たちはお察しの通り年子、双子のどちらかというのは正解です。
弟たちも、もう今は就職してます。
彼女は就職して結婚するまで、ずっと実家暮らしでした。
わりと田舎なので一人暮らししようと思えば
2.3万円代で部屋を借りれるはずだけど、
家を出なかったから奨学金云々というより家にいて、
お給料を家に入れてたのかな?と思っています。
そのケンカの時に「逃げるな」
みたいな事を何度も言われていたから、
もうそうやって育ったのかなぁ…とも思っています。
彼女も「私、大学に行きたい!」とは言わず
「就職するから!」と何度も親に言ってたから、奨学金まで借りて、
親に反抗して大学に行く勇気は当時はなかったと思う。
彼女に直接聞いた訳でもないから私の想像ですが。
 
Aちゃんの家はあんまりお金がなくて大学を断念したんだなーと勝手に思っていたから、
下の弟が2人とも4大に行ったと知った時は
「なんで?!Aちゃんは諦めたのに?!」と衝撃的でした。
確かに酷い話です。
 

意外と同じ様な例を知ってるという人が多くて驚いてる。

スポンサーリンク