田舎で一人暮らししていた時に真夜中にチャイムがなった。外には老婆が

田舎のアパートの2階に一人暮らししてた時に、
真夜中(2時過ぎ)にチャイムが鳴った。
女の一人暮らしで怖いので無視。

しかし何回も鳴るので気になって
忍び足で玄関まで行って
ドアスコープ覗いたら老婆が立っていた。

ぶつぶつ独り言で

「◯◯さん困るねぇ」

と呟いてる。

スポンサーリンク

ちなみにうちは◯◯さんではない。
もしやボケ老人?保護か通報するべきか?
と悩んでいるうちに老婆は諦めたように退散。

あー怖かった。と奥の部屋に戻ったんだけど、
数分後にベランダから
メリメリメリ…という大きな物が裂けるみたいな音がした。

ガラス戸開けたら、さっきの老婆が
アパート横の樹木に登って
太い枝を我が家のベランダの柵に掛け
そこから身体伸ばして移ろうとしている。

スポンサーリンク

笑顔で

「あ、◯◯さーん」

と片手を離した途端にまた枝が
すごい音を立ててしなってる。

「ぎゃー!落ちるー!」

と悲鳴あげたらまだ起きていた向かいの部屋の男の人が
窓を開け、その光景見て

「きゃーーー!」

と、なぜか私よりかわいい悲鳴www
慌てて駆けつけた男の人と私が協力して、
老婆をベランダに引き上げるまで

何とか枝が持ちこたえてくれたので、
けが人は出ずに済んだ。 

警察に連絡すると心配して探し回っていた家族が
引き取りに来た。
かわいい悲鳴の男の人とは、
この夜の事がきっかけで付き合い
最終的に結婚したので、今でも時々夫婦で衝撃の光景だったね…
と思い出す。

スポンサーリンク