娘のことが愛せなかった

娘のことが愛せなかったこと。

私は同居の義母にひどくいじめられていた。
結婚から5年目に生まれた娘が、
見た目も中身も義母に似ているような気がしてちっともかわいくなかった。

娘が何か失敗する→義母もこんな失敗していたような気がする
→やっぱり義母に似ているからだ!みたいな感じで。

2年後に長男、次の年に次男が生まれると、ますます娘が愛せなくなった。
義父母は初孫の娘が一番可愛いらしく、
すっかり義母の手垢がついたような気がした。
私の子、というよりは義母にくれてやった子と思うようになった。

スポンサーリンク

娘が中学生の時に義父が死に、翌年に義母が死んでからは会話もなくなって、
そこでグレたのかなんなのか、フラフラ暮らすようになって高校も中退した。

スポンサーリンク

男を作って家を出て、失敗しては戻ってきてを何回か繰り返した。
そこも男好きだった義母に似ている気がした。
最後は大手に勤めてる男を捕まえてでていった。そこもずるい義母に似ているような気がした。
その男と暮らしていた土地で、娘が車に轢かれて死んだ。
ああ、そうって感じで涙も出なかった。
救護してくれた人のところにお礼の挨拶に伺うと、
その女性が、「娘さんは私の手を握って、お母さん、
お母さんと言ってましたよ」と泣きながら言った。
旦那は泣いていたけど、私はなんだかきみが悪いだけだった。

娘の彼氏が、娘のつけていたジュエリーや高級カバンを持ってきた。
私にはそんなもの引き取るつもりはないから、
他のものも含めてのらりくらり交わそうとしていたら、
「あなたは本当にユリの母親なんですか?」
と詰められた。
同席していた長男夫婦の嫁のほうも、あんまりだと言って泣き出した。
結局肩身は娘の友人と、うちの長男次男、彼氏とで引き取ったらしい。
同棲はしていたけど、娘はあまりものを持たなかったらしく、
持ち物は段ボール二つ分もなかった。
この家にはそれすらも置いてやるスペースはないのか?
と長男にも言われた。

娘は3月に死んだから、仏壇は一応家にあるし、坊さんを呼んだりしなきゃならなくて
3月は本当に憂鬱。

スポンサーリンク